ユリスナルダン 船舶用クロノメーター

 
ユリスナルダン 船舶用クロノメーター
クロノ製造と天文学時計製造(ルイス・ジーン・リチャード(ルイスJeanRichard))の
専門家に天文学三部作2による新たな開始のなって
1846年にル・ロックルでそれを設立しました。

創設者が1876年に53才で死んだとき、息子の棒ダヴィド・ヌル・ダン
(ポール-デイビッドNardin)は背中を受け継ぎました。

船舶用クロノメーターの分野でほぼ独占的な状態にあるように跡を継いで
50カ国の海軍に特に引き渡されたクロノと見張り。
大多数は日本海軍に届けられて、クロノメーターが今日横須賀市の記念の
軍艦「三笠」で戦艦三笠をつけるのを見ることができます。

腕時計の分野のスーパー高品質の時計として非常に高い位置を得ます。
そして、それと明治皇帝を壊す記録と購入される皇太子(大正皇帝)は
東京世界博覧会滞在の3つを1908年に見ます。
そのうえ、セイコーが1930年に非常に高品質時計
「セイコーシャ・ヌル・ダン・タイプ」を生じる端ユリ・ヌル・ダンの製品を
ほとんどコピーします。

しかし、腕時計への移動は、遅れて、また、クォーツ・ショックによって窮状に陥りました。
投資家の1983人のロルフWシュナイダー(ルドルフW.)の
天文学三部作による新たな開始がシュナイダーによって
購入されることを、作ります);リン・ルートヴィヒ・エッセンス博士(博士)
いわゆる「天文学三部作」によってリバイバルを達成しました-)