アントワーヌ・プレジウソ

 
アントワーヌ・プレジウソ
あるいは、すべては現代の意味のダイバーの腕時計の起源です。

2008でつま先めのうヤンのために車両を回す運動として
回転木馬(Karrusel)を運んだ腕時計で、ワンミニット早まったスタート
回転木馬(Karussel Volant Une Miniute)がそうであった
ワンミニット早まったスタート回転木馬は、発達しました。

回転木馬は、1892(そこの多くの数のパーツでないかもしれなくて
ほとんど使われなかった)年に、デンマークから時計師バーネ・ボニクセン
(1835年から1935年まで、Bahne Bonniksen)が発明したものでした。

彼らがデザインのために4年を発展と2年考えたあと
カラブレーゼその他はこの回転木馬を戻して、それを改善して
腕時計だけに備えられました。従来の回転木馬にあなたに車両を
見て回らせるために何十もの分がかかりました。
しかし、ブラン・パンはあなたに1分で車両を見て回らせることに成功しました。

まとめたミニッツリピーターと「ル・ブラッシュカルーセルミニッツリピーター」は
現在リリースされます。

アントワーヌ・プレジウソ

アントワン・プレ・ジアカウソ(アントワンPreziuso)は、ジュネーブ
(1957年のスイス)で生まれて、独立した時計師アカデミーに属している時計師です。